10万人超のK-POPファンのコメントが見れるYoutubeはコチラ

FIFTY FIFTYの事務所、元メンバー3人などに約14億の損害賠償請求訴訟

FIFTY FIFTY

FIFTY FIFTYの所属事務所ATTRAKTが、専属契約紛争中の元メンバー・セナ、シオ、アランを相手に、130億ウォン(約14億)の損害賠償請求訴訟を提起しました。

19日、ATTRAKTは「FIFTY FIFTYの元メンバーであるセナ、シオ、アランの3人に対して専属契約違反にともなう損害賠償と違約罰を、専属契約不当破棄に積極的に加担したTHE GIVERSのアン・ソンイルとペク・ジンシル、そして3人メンバーの両親などには共同不法行為による損害賠償を請求する民事訴訟を提起した」と明らかに。

続けて「算定した損害賠償額と違約罰は数百億ウォン(数10億)に達する。ただし、訴訟過程での今後の損害拡大の可能性などを勘案し、まずは訴状提出段階では『130億ウォンから賠償しろ』という意味で、明示的に一部の請求方式で訴訟を提起した」と説明しました。

また、今回の訴訟を代理する法務法人クァンジャンのパク・ジェヒョン弁護士は「今回の訴訟が単純な被害回復の次元を越え、エンターテインメント分野の公正な取引秩序を確立する重要な契機になりうるという点を念頭に置いて、訴訟遂行に最善を尽くす予定だ」と伝えました。

これに先立ち、FIFTY FIFTYは今年6月、ATTRAKTが精算資料の提供義務とメンバーの身体的・精神的健康管理義務などを履行していないと主張し、専属契約効力停止を求める仮処分を申請。しかし、裁判所は8月、この申請に対して棄却決定を下しました。

その後、メンバーのキナのみが訴訟を取り下げ、ATTRAKTに復帰し、FIFTY FIFTYとして活動を再開。ATTRAKTは残りのメンバー3人に対しては、専属契約解除を通知しました。

FIFTY FIFTY
FIFTY FIFTY
FIFTY FIFTY
FIFTY FIFTYのキナ
この記事の反応はコチラ
この記事をシェア
ABOUT US
Rissriss
ご覧いただきありがとうございます! K-POP情報・トレンドを発信してるRISS(リズ)です! このサイトでは、最新のK-POPニュース、トレンド・ゴシップ情報を配信しています。 YouTubeも運営していて、RISSのYouTubeコミュニティでは記事に対するファンの反応を見ることができます! YouTubeチャンネルではファンの反応以外にも、アイドルの切り抜きやエンディング妖精、コミュニティでのランキング投票なども見ることができるので、よければチェックしてみてください。