1.5万人のK-POPファンが集まるRISSのYouTubeはコチラ

NewJeans 批判を浴びていた楽曲を別の翻訳者が解説‥「女性器を意味するのが正しいと思う」

通訳者がcookieの歌詞について解説

韓国の英語翻訳・通訳者が、海外で歌詞の内容について議論されていたNewJeans『Cookie』についての解説動画を公開しました。

newjeans
(画像出典:ADOR)

8月17日、YouTubeチャンネル『Bridge TV』は『NewJeans Cookie歌詞についての議論、確実な決定的証拠(ft.同時通訳者)』というタイトルの動画を公開。

動画内でキム・テフン通訳は「この映像を作成する前にすごく悩んだ。全員が未成年で構成されたメンバーであり、努力をして、苦労してデビューをしたはずだから、この議論が再燃するのではないかと」

「ただ、未成年のアイドルが歌う歌詞を作る際は、少し慎重にならなければならないと思い、動画を撮ることにした」としながら、『Cookie』の歌詞について自身の考えを明らかに。

通訳者がcookieの歌詞について解説
(画像出典:YouTube Bridge TVキャプチャー)

彼は歌詞について「この歌詞の中の”クッキー(Cookie)”は”女性器”を意味するのが正しい。これを見て違うと言うのはあまりにも難しかった。(海外の人が)この歌の歌詞を見て、刺激的な歌詞だと思う?と質問したら、みんな”はい”と答えると思う。 とてもセクシーな歌詞」と指摘。

また「所属事務所側(ADOR)は、クッキーを焼く(CDを作る)という気持ちで一生懸命アルバム制作を行ったというが、話にならない釈明」とし「複数系の”Cookies”ではなく”Cookie”と表記した。私たちが食べるクッキーは”Cookies”と書く。これは性的な歌詞だ。 この歌の歌詞は全て性的な意味を持つ」と批判。

さらに、未成年メンバーが歌うことに関して「成人したアイドルが歌うのは構わない。問題は未成年が歌っているということ。デビュー直後に、このような議論が起きたことは、メンバーたちにキズが付く。あまりにも間違っていると思う」とし「世界的な大企業がこれを阻止できなかったというのが、会社の内部的な問題ではないだろうか。次のアルバムを作る時は、気を付けてほしい。NewJeansが成人するまでは、少なくとも女性を性的対象化にするのはやめてほしい」と呼びかけかました。

(関連記事)NewJeansの新曲”Cookie”の歌詞を巡り海外で議論に‥「性的な意味を持つ歌詞がある」

この動画の公開後ネット上では

「どちらの文化にも理解がある人がそうだと言っている」
「韓国の人だけが聞くわけではないもんね」
「まぁこれは狙ってるでしょう」
「未成年を保護することは大切」
「英語圏では複数系にする。辞書にもそう書いてある」
「炎上商法を利用したというわけか」

などの声が上がっています。

この記事のみんなの反応はコチラから(K-POPファンが集まるYouTube)

男性ファンを巡り議論に
新人賞予想
2006年~2008年生まれの女性アイドル
この記事をシェア
ABOUT US
Rissriss
ご覧いただきありがとうございます! K-POP情報・トレンドを発信してるRISS(リズ)です! このサイトでは、最新のK-POPニュース、トレンド・ゴシップ情報を配信しています。 YouTubeも運営していて、RISSのYouTubeコミュニティでは記事に対するファンの反応を見ることができます! YouTubeチャンネルではファンの反応以外にも、アイドルの切り抜きやエンディング妖精、コミュニティでのランキング投票なども見ることができるので、よければチェックしてみてください。