10万人超のK-POPファンのコメントが見れるYoutubeはコチラ

少女時代 テヨン、意味深なパロディー画像を投稿‥「辞表提出」の文字に「SM紛争関連?」の声も

少女時代 テヨン

少女時代のテヨンの意味深な投稿に注目が集まっています。

3月13日、テヨンは自身のインスタグラムストーリーを通じて、Netflixの韓国ドラマ『ザ・グローリー ~輝かしき復讐~』をパロディー化した画像を掲載。

少女時代 テヨンのパロディー
(画像出典:テヨン公式Instagram)

公開された画像は、劇中のパク・ヨンジン(イム・ジヨン扮)が勤務先の放送局に”辞表”を提出する場面をパロディー化したもの。テヨンは、該当シーンのパク・ヨンジンの名前を消し、手書きでテヨンの本名である”キム・テヨン”に書き直しています。

また、テヨンは11日にもストーリーにパク・ヨンジンの表情を真似した写真を掲載。

ドラマにハマっている様子を度々ファンに公開しているテヨンですが、今回の投稿に一部のファンからは”SMからの移籍を意味している?”という声も。

該当の投稿はTwitterでも拡散され「面白いけど、SMの状況がああだから心配」「この状況でこれは、テヨン最高」「契約更新とかけてる?」などの声が上がっています。

少女時代 テヨンのパロディー
(画像出典:テヨン公式Instagram)

テヨンは先月16日にも、映画『生き残るための3つの取引』に出てくるワンシーンを投稿しており、該当のシーンが「本当にみんな一生懸命に生きている。一生懸命に」と話すシーンだったことから、一部のファンからは「テヨンが所属事務所のSMエンターテインメントの経営権紛争に間接的に言及しているのでは?」という推測も上がっていました。

一方、SMは最近、HYBEとの経営権紛争を終えています。

HYBE側は12日付けで買収手続きを中断すると発表し「KakaoとKakaoエンターテインメントとの競争により市場が過熱の様相を呈していると判断した」

HYBEの株主価値にも否定的ま影響を及ぼしかねないという点を総合的に考慮して、意思決定を下した」と説明していました。

シン・ヒウォン監督が謝罪
えんどぅ
この記事の反応はコチラ
この記事をシェア
ABOUT US
Rissriss
ご覧いただきありがとうございます! K-POP情報・トレンドを発信してるRISS(リズ)です! このサイトでは、最新のK-POPニュース、トレンド・ゴシップ情報を配信しています。 YouTubeも運営していて、RISSのYouTubeコミュニティでは記事に対するファンの反応を見ることができます! YouTubeチャンネルではファンの反応以外にも、アイドルの切り抜きやエンディング妖精、コミュニティでのランキング投票なども見ることができるので、よければチェックしてみてください。