”K-POPオタクなら必ずチェック! 推しの映像が見れる音楽番組『人気歌謡』詳細”

Brave Girls(ブレイブガールズ)【詳細解説】のメンバー人気順、年齢順、事務所紹介

今回は、2021年に大ブレイクしたガールズグループ”Brave Girls(ブレイブガールズ)”についてご紹介します!

実はデビュー以来、あまり人気が出ず、崖っぷちグループだと言われていたBrave Girls。

しかし、2017年にリリースした『Rollin’』が奇跡のチャート逆走により、大ブレイクを果たしたガールズグループなんです!

崖っぷちだった彼女たちの曲がチャートを逆走したきっかけとは?

大ブレイクを果たしたエピソードも交えてご紹介いたします♪

VIVIZ(ビビジ)【詳細解説】メンバーの年齢順、事務所、本名を紹介!

  • 目次の”おすすめ曲”のところからYouTube再生すると曲を聞きながら記事が読めますので良ければどうぞ!(^^)!

Brave Girls☆崖っぷちから一気にスターダムへ上ったきっかけは?

Brave Girls
(画像出典:Brave Girls公式Instagram)

2021年に『Rollin’』で大ブレイクを果たした4人組ガールズグループのBrave Girls

実はBrave GIrlsのデビューは、11年前の2011年

5人組のガールズグループとしてデビューし、メンバーの脱退や加入を経て、現在は4人で活動しています。

デビュー以後、カムバックしてもほとんど陽の目を浴びなかったという不遇のガールズグループでもあった彼女たち。

そんな彼女たちのブレイクのきっかけとは、ある一人のユーザーがyoutubeにアップした動画なんです。

その動画とは、Brave Girlsが韓国軍の慰問公演で披露した『Rollin’』の動画。

彼女たちのパフォーマンスを見た軍人たちが盛り上がる様子や、動画内で流れるファンたちの熱狂的なコメントが韓国のオンラインの掲示板で話題となり、動画公開から5日間で、なんと300万回再生を記録したんです!

Brave Girlsは、以前から軍の慰問公演を頻繁に行っており、遠方の部隊にも片道7時間掛けて行っていたというエピソードを持っているほど!

軍隊の中では、ガールズグループの中でもBrave Girlsの人気は大変高く、軍人たちの心の支えや癒しにもなっているのだそうです!

兵役中の韓国男性の間で人気の曲を、韓国ではミリタリー+ビルボードを合わせてミルボードと呼んでいますが、『Rollin’』はリリース後、ミルボードの名曲として兵役中の男性の間では大人気の曲だと言われています。

現在では再生回数は1000万回を超え、今もその再生回数はぐんぐんと伸びているんです!

チャート逆走現象が崖っぷちアイドルの彼女たちを救った!

さらに動画の評判がオンラインで広がると、『Rollin’』は音楽チャートを逆走するという異例の状況に!

3月11日には韓国最大の音楽配信サイト”MelOn”でとうとう1位を獲得!

ある一人のyoutubeユーザーがアップした『Rollin’』の動画をきっかけに、K-POPチャートのトップに立ったです!

同じ時期に、ATEEZやIUなど人気アーティストたちがカムバックしており、SNS投票やアルバム点数などでは彼らよりも劣勢だった『Rollin’』。

しかし、オンライン音源点数では他のアーティストに圧倒的な差をつけて1位となったのです。

チャート逆走を果たした彼女達でしたが、今後に不安を抱いていました。

実は動画がアップされる2月24日の前日に、グループの解散を決めて宿舎を引き払う準備をしていたことを明かしました。

『Rollin’』のブレイクも一時的なことで、その後アイドルとしてブレイクすることを期待していなかったという彼女たち。

これまでは、軍の慰問以外はスケジュールがほとんど埋まっていなかったそうですが、ブレイクをきっかけに今ではスケジュールがほとんど埋まってしまい、寝る時間もない多忙な日々を送っています!

Brave Girlsの所属事務所

Brave Girlsは”Braveエンターテイメント”に所属しています。

この事務所は、人気プロデューサーで知られる勇敢な兄弟(용감한 형제:ヨンガマン・ヒョンジェ)”が代表を務める芸能事務所です。

勇敢な兄弟”は、SISTARAOAといったK-POP人気を支えたガールズグループのヒット曲を多数手がけており、K-POPシーンを語るにはなくてはならない存在。

事務所の名前を掲げたBrave Girlsの大ヒットに、代表も大変喜んでおり、なんとメンバーたちにCHANELのバッグをプレゼントしたことを明かしています。

グループ名の由来

Brave Girlsのグループ名には”勇敢な兄弟(Brave Brothers)が手掛けた女の子たち”という意味が込められています。

また、Braveエンターテインメント初のガールズグループということで、事務所の名前を入れているとも言われています。

ファンネーム

ファンネームは”FEARLESS(フィアレス)”

デビュー後10年間、ファンクラブは設立されていませんでしたが、ブレイクをきっかけにデビュー10年目で初めてファンクラブが募集されたんですよ♪

メンバーの脱退・加入を繰り返し現在は4人で活動

2011年に5人組のガールズグループとしてデビューしたBrave Girls。

2016年にメンバー3人が脱退、その後現在のメンバーを含む5名が加入し、7人組のガールズグループとして活動をしていました。

しかし、2017年に2名が脱退し、結成時のメンバーは不在という状況になります。

『Rollin’』カムバック時は5人組でしたが、2018年にメンバーのハユンが脱退。

現在は4名で活動しています。

Brave Girlsのブレイクによって、ハユンの現在が気になるというファンの声が聞かれましたが、ハユンはSNSで、甲状腺の病気の悪化により、芸能活動が困難になったため、脱退したことを明かしました。

また、ハユンが参加した『Rollin’』が大ブレイクしたことを大変喜んでいるようで、多くの人に『Rollin’』が愛されていることをとても嬉しく思っていると話しています。



Brave Girlsメンバープロフィール紹介

2021年に奇跡の大ブレイクを果たしたBrave Girlsのメンバープロフィールを見ていきましょう!

今回は、人気順にプロフィールをご紹介いたします♪

ユジョン

Brave Girls ユジョン
(画像出典:Brave Girls公式Instagram)
本名 ナム・ユジョン(남유정)
生年月日 1991年5月2日
身長 163cm
血液型 AB型
出身地 韓国 ソウル特別市
ポジション センター、サブボーカル

ユジョンは、Brave Girlsのセンター。

ポケモンの”ゼニガメ”に似ていると言われており、ブレイクのきっかけとなった動画でもユジョンのかわいい表情が注目を集めました。

韓国では、モテ系女子のことを”베이글녀(ベーグルニョ=ベーグル女子)”と呼びますが、ユジョンはベーグルニョの代表と言われているんですよ♡

ベビーフェイスなのにグラマラスボディを持つモテ系アイドルとして、男性誌の表紙モデルを務めた経歴も持っています。

ユナ

Brave Girls ユナ
(画像出典:Brave Girls公式Instagram)
本名 イ・ユナ(이유나)
生年月日 1993年4月6日
身長 164cm
血液型 AB型
出身地 韓国 ソウル特別市
ポジション リードボーカル、リードラッパー

ロングヘアが印象的なBrave Girlsのメンバーの中でも、タンバルモリ(ボブヘア)が印象的なユナ

グループの中では一番落ち着いた雰囲気のため、年上のメンバーと思われがちですが、実はBrave Girlsのマンネ(最年少)

ファンからは、仕草がとってもかわいいと言われているユナ。

実は圧倒的な妹キャラなんですよ♪

Brave Girlsのメンバーたちは、個人のyoutubeチャンネルを持っているのですが、ユナは散らかった部屋をひたすら片付けるだけの動画を公開していて、プライベートではかなりマイペースな様子を知ることができます(笑)。

ウンジ

Brave Girls ウンジ
(画像出典:Brave Girls公式Instagram)
本名 ホン・ウンジ(홍은지)
生年月日 1992年7月19日
身長 168cm
血液型 AB型
出身地 韓国 ソウル特別市
ポジション サブボーカル、メインラッパー

ラッパー担当のウンジは、目力の強さが魅力。

元2NE1のボムの楽曲にラッパーとして参加するなど、ラッパーとしての実力が高いウンジは、大学ではミュージカル課を専攻。

そのため、実はボーカルの実力もとても高いメンバーなんです。

身体が非常に柔らかく、*アユクデでも新体操を披露したりしています。

*アユクデ:韓国のバラエティー番組でアイドル達が様々な競技を行う大運動会。『K-POPアイドルスタースポーツ選手権』




ミニョン

Brave Girls ミニョン
(画像出典:Brave Girls公式Instagram)
本名 キム・ミニョン(김민영)
生年月日 1990年9月12日
身長 165cm
血液型 AB型
出身地 韓国 京畿道 城南市
ポジション リーダー、メインボーカル、メインダンサー

Brave Girlsの最年長メンバーで、リーダーを務めるミニョン

グループ加入時はリーダーではありませんでしたが、メンバー脱退のために自然にリーダーとなってしまったそうです(笑)

Brave Girls加入前は”ZZBEst”というガールズグループで活動していましたが、成功せず、21歳でBraveエンターテインメントに入社したという苦労人です。

しかし、慰問公演などで高音のキリングパートを難なくこなしているミニョンを見た軍人の間では、ガールズグループの中でもトップクラスのボーカルだと言われているんですよ♪

おすすめ曲をご紹介

これを見ればあなたもBrave Girlsのトリコになる!

Brave Girlsのおすすめ曲をご紹介します♡

Rollin’

Brave Girlsが大ブレイクするきっかけともなった『Rollin’』

実はメロディの良さからリリース時から密かに名曲だと言われており、少女時代のテヨンなどはリリース時からよく口ずさんでいて大好きな曲だったと明かすほど、K-POPアイドルからも人気の高い曲です。

We Ride

『Rollin’』に続いて、チャート逆走によりチャート2位を記録した『We Ride』

実は2020年8月にリリースされた曲なんです。

活動当時にはあまり注目されませんでしたが、『Rollin’』が注目を浴びると同時にチャートをぐんぐん上がってきたんですよ♪

倦怠期に直面した長年のカップルの間の気まずい空気を歌った曲ですが、ノリのいいポップなメロディで、Brave Girlsのまた違った一面を見ることができます。

Chi Mat Ba Ram

2021年6月にリリースされた『Chi Mat Ba Ram』は、夏に似合うトロピカル・ハウスベースのダンス曲。

リリース直後から韓国の音源チャート1位を独占し、音源チャートオールキルを記録した一曲なんです。

また、波をイメージした振付や、スカートを取り入れたダンスもパフォーマンスの見どころのひとつです。

おすすめステージ映像

おすすめのステージ映像を紹介します!

Brave Girls – Rollin(人気歌謡/inkigayoステージ)


2021年3月に放送された音楽番組『人気歌謡/inkiayo』でのステージ。

Brave Girlsの魅力が詰まった最高のLIVEステージです!(^^)!

ちなみに『人気歌謡』は韓国の大手音楽番組で、”インガ”の愛称で人気があり、K-POPファンは毎週推しのステージをチェックしています!




Brave Girlsプロフィール紹介まとめ

今回は、Brave Girlsのプロフィールをご紹介いたしました。

デビュー後、不遇の時代を送りながらも、韓国の軍人たちの支えとなって地道な活動を続けてきた彼女たち。

兵役中にBrave Girlsに支えられたという韓国人男性も多く、彼女たちの地道な努力が実を結び、大ブレイクに繋がったのではないでしょうか?

現在も大活躍中の彼女たち。

ぜひ今後も、Brave Girlsの活躍をチェックしましょう!

Brave Girlsの公式YouTubeを見る(外部リンク)

Brave Girlsの公式YouTubeでは、今回紹介したMVのほかにも魅力的な曲をたくさん聞くことができますよ♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。