1.5万人のK-POPファンが集まるRISSのYouTubeはコチラ

QUEENDOM2の順位に点数操作疑惑が‥Mnetは公式に否定

点数操作疑惑
(画像出典:Mnet)

Mnetのサバイバル番組「QUEENDOM2」に点数操作疑惑が浮上しています。

点数操作疑惑
(画像出典:Mnet)

昨日(6月2日)に、生放送で最終回が行われ、大盛況の中幕を閉じた「QUEENDOM2」。

最終的に優勝グループは、STARSHIPエンターテインメント所属の宇宙少女(WJSN)となり、感動のフィナーレを迎えました。

そんな中、韓国のオンラインコミニュティーには”投票操作疑惑”を疑うような投稿が。

ファイナル終了後、一部のネットユーザーたちはSpotifyの音源集計結果が違うことを指摘し、本来であれば今月の少女が1位、VIVIZが2位、宇宙少女が3位なのに、生放送では宇宙少女が2位、VIVIZが3位と結果が異なることを説明しました。

クイーンダム2に点数操作疑惑
(画像出典:韓国オンラインコミニュティー)
クイーンダム2に投票操作疑惑
(画像出典:韓国オンラインコミニュティー)

これにMnet側は6月3日

「「QUEENDOM2」の公式プレイリストでは、1日1ID の1回限り音源スコアに反映されています。この音源スコアデータは音楽ストリーミングサービスで管理されており、最終点数を集計して制作陣に提供しました」と説明。

続けて「そのデータがそのまま放送に反映されています。「QUEENDOM2」に最後まで多くの関心を持っていただきありがとうございます」と付け加えました。

本放送では、3回にわたって行われた事前競技点数4万点、ファイナル生放送点数6万点を合算して最終優勝者を決定。

この中で、ファイナル生放送点数ではカムバック音源点数2万点と事前競演動画累積点数5,000点、ファンズチョイス5,000点、生放送投票点数3万点で構成されています。

3日間に渡りSpotifyを通じて集計されたカムバック音源部門では、今月の少女が1位、宇宙少女が2位となっています。

様々なK-POPファンが集まるRISSのYouTubeはコチラ(外部リンク)

K-POPの現状
この記事をシェア
ABOUT US
Rissriss
ご覧いただきありがとうございます! K-POP情報・トレンドを発信してるRISS(リズ)です! このサイトでは、最新のK-POPニュース、トレンド・ゴシップ情報を配信しています。 YouTubeも運営していて、RISSのYouTubeコミュニティでは記事に対するファンの反応を見ることができます! YouTubeチャンネルではファンの反応以外にも、アイドルの切り抜きやエンディング妖精、コミュニティでのランキング投票なども見ることができるので、よければチェックしてみてください。