1.5万人のK-POPファンが集まるRISSのYouTubeはコチラ

HYBE 2022~2023年までに合計8グループをデビュー‥加速する大企業化

HYBE 加速する大企業化

2022年にガールズグループ、LE SSERAFIM、NewJeansをローンチし、世界のK-POPファンの話題を集めているHYBE。

HYBE
(画像出典:HYBE)

2005年にパン・シヒョク氏がBig Hit Entertainmentを設立し、BTS(防弾少年団)を皮切りに、TXTやENHYPENなどの人気アーティストを輩出。2021年にはHYBEへと社名を変更し、今では7つのレーベルが集まる総合エンターテインメント企業として成長を遂げています。

HYBEの傘下には、BTS(防弾少年団)、TXTなどが所属する「BIGHIT MUSIC」SEVENTEEN、fromis_9などが所属する「PLEDISエンターテインメント」ENHYPENが所属する「BELIFT LAB(CJ ENMとの共同管理)」Block BのZICO(ジコ)が所属する「KOZエンターテインメント」NewJeansが所属する「ADOR」LE SSERAFIMが所属する「SOURCE MUSIC」HYBEとして初の日本男性向けオーディションを開催中の「HYBE LABELS JAPAN」など、多くの人気アーティストを抱えるレーベルが存在しています。

そんなHYBEレーベルが2023年までに8つのグループをデビューさせる(またはした)ことに、ファンからは賛否両論の意見が。

2022年には、SOURCE MUSICからLE SSERAFIM、ADORからNewJeansと、デビュー前から話題を集めていた大型新人がデビュー。

さらに2022年末までに2つのグループをローンチする予定と言われており、HYBE LABELS JAPANからは現在日本で開催中の『&audition』を通じて日本のボーイズグループが、BIGHIT MUSICからは、公開練習生チームであるTrainee Aがデビューを控えています。

2023年には、ENHYPENを輩出したサバイバルオーディション番組Mnet『I-LAND』のシーズン2から結成される新グループを皮切りに、さらに4つ以上のグループを立ち上げる予定。

今年3・4月にはPLEDISエンターテインメントが、グローバルオーディション『GLOBAL WONDER TEENS』を開催。最終合格者にはPLEDISでトレーニングを受ける機会と奨学金、さらに2023年にデビューする権利を獲得できるオーディションが行われました。

ZICOが所属するKOZエンターテインメントは今年『2022 KOZ BOY GROUP Global Online Audition』『KOZ TEEN RAPPER AUDITION』の2つのオーディションを開催。KOZエンターテインメントから初のボーイズグループがデビューする予定です。

さらに韓国・日本のみならず、アメリカでオーディションを開催しグローバル展開も予定しているHYBE。”UNIVERSAL MUSIC”傘下の”Geffen Records(ゲフィン・レコード)”と提携し、アメリカでの新ガールズグループをローンチすると噂されています。

これに対し、K-POPファンから

「HYBEはもうCJやKAKAOと同じ括りだもんね」
「3大事務所ではなく、3大企業」
「芸能事務所から総合企業になったから見方が変わってない人いる」
「オーディションでデビューもだけど非公開練習生も大事に」
「でもHYBEはアイドル管理を上手くできていないからな‥」
「BTSが活動できない分、お金を稼がなきゃいけないのか」
「こんなに大きくなったのか。」

などの声が上がっています。

この記事のみんなの反応はコチラから(K-POPファンが集まるYouTube)

KCON日本で開催
パン・シヒョク氏とJ-HOPE
この記事をシェア
ABOUT US
Rissriss
ご覧いただきありがとうございます! K-POP情報・トレンドを発信してるRISS(リズ)です! このサイトでは、最新のK-POPニュース、トレンド・ゴシップ情報を配信しています。 YouTubeも運営していて、RISSのYouTubeコミュニティでは記事に対するファンの反応を見ることができます! YouTubeチャンネルではファンの反応以外にも、アイドルの切り抜きやエンディング妖精、コミュニティでのランキング投票なども見ることができるので、よければチェックしてみてください。