K-POPファンのコメントが見れるYoutubeはコチラ

キム・ガラムの友人が「事務所が炎上商法の手段として利用した」と主張


7月20日に脱退を発表した元LE SSERAFIMのメンバー、キム・ガラムの友人(以下、A氏)を名乗るユーザーが、ガラムを”炎上商法”の手段として利用したと主張しました。

ガラムの友人が炎上商法に利用したと主張
(画像出典:LE SSERAFIM公式Instagram)

自身をキム・ガラムの友人だというA氏は21日、Instagramのストーリーを通じていじめ疑惑を暴露したB氏が”小学校の時から中学校まで私をいじめていた”との文を投稿。

A氏は「私を苦しめたB氏は小学校の時から中学校の時まで苦しめ、両親に対し、悪口や物理的な脅威も加えました」

「私をいじめたことについて、むしろ私に”何がいけないの”と問い、加害者として約1ヶ月間攻撃したことに対し”被害者”という言葉に隠れて人々の慰めを受ける姿や、私が2次加害者という戒めまで受けていました」と主張。

続けて「私はキム・ガラムの友人として事実を明らかにするために、持っている資料や友人の証言を集めて(事務所に)渡しました」

「しかし大人(所属事務所側)は、結局何の資料も使用せず、18歳の高校生をノイズマーケティング(炎上商法)の手段として利用しました。今後、より多く資料を掲載します」と明かしました。

しかし、この主張後も韓国の反応は冷たく「キム・ガラムが5号処分を受けたのは事実じゃないか」議論する必要がない」「B氏は一般人だから処分を受けたとしても‥」という意見が多数。炎上商法として利用したという点に関しても「仕方がない」という意見が散見されています。

(関連記事)LE SSERAFIM ガラムへの相次ぐ批判‥「いじめが本当なら救えない」

これに先立ちキム・ガラムは、デビュー前に韓国のオンラインコミュニティー上で、ガラムの同級生を名乗るネットユーザーA氏から「ガラムは学生時代の写真や、飲酒、喫煙、校内暴力を行なっていた」という趣旨の投稿が暴露され、”いじめ疑惑”が浮上。

約3ヵ月間の活動休止を経て7月21日に所属事務所が「当社はキム・ガラムとの専属契約の解除を決定いたしました」「今後、LE SSERAFIMは5人体制で活動を続ける予定です」と発表しています。

この記事のみんなの反応はコチラから(K-POPファンが集まるYouTube)

LE SSERAFIMがnon-noの表紙に
この記事をシェア
ABOUT US
Rissriss
ご覧いただきありがとうございます! K-POP情報・トレンドを発信してるRISS(リズ)です! このサイトでは、最新のK-POPニュース、トレンド・ゴシップ情報を配信しています。 YouTubeも運営していて、RISSのYouTubeコミュニティでは記事に対するファンの反応を見ることができます! YouTubeチャンネルではファンの反応以外にも、アイドルの切り抜きやエンディング妖精、コミュニティでのランキング投票なども見ることができるので、よければチェックしてみてください。