1.5万人のK-POPファンが集まるRISSのYouTubeはコチラ

SM 少女時代15周年のロゴとディズニーのロゴが酷似‥盗作疑惑が浮上

SMエンターテインメントのガールズグループ、少女時代(SNSD)のデビュー15周年ロゴとディズニーのロゴが”酷似している”とネット上で話題になっています。

少女時代に盗作疑惑が
(画像出典:少女時代公式Facebook)

去る8月8日に7thフルアルバム『FOREVER 1』をリリースし、約5年ぶりに待望のカムバックを果たした少女時代。

YouTubeで公開されたタイトル曲『FOREVER 1』は、公開直後に韓国のヒットチャート1位はもちろん、世界各国の各音楽配信サイトで上位にランクイン。今年デビュー15周年を迎えた彼女たちの変わらない人気を証明しました。

しかし、そんな少女時代の記念すべきデビュー15周年に盗作疑惑が浮上しています。

ネット上のあるユーザーは、”少女時代の15周年ロゴ””ディズニーシーの15周年ロゴ”が酷似していると指摘。

”15”というフォントや球体という点、文字の配置なども似ていることから「パクりなの?」という声が上がっています。

さらにこのツイートが原因かどうか不明ですが、少女時代の公式Twitterは該当の画像を削除。2万超のRTと6.1万超のいいねが付いていた投稿がいきなり削除されました。

SMは過去にも”盗作疑惑”を指摘されたことがあり、aespaの代表曲『Black Mamba』のMVが公開された際、有名オンラインゲームの仮想アイドルグループとaespaのアバターが酷似していると話題に。

その他にも、2019年にRed Velvetが『Umpah Umpah』のMVで着用していた衣装を巡り、海外ブランドがSMに「無断盗用した」と主張したことも。

SMの”盗作疑惑”にネット上では

「公式がしれっとツイ消ししてるの闇すぎ…」
「ディズニー側から怒られないのこれ」
「相変わらず懲りなくて草」
「まじでインスパイアとかいうレベルじゃなくて草」
「15の数字だけならまぁってかんじだけど周りも一緒だ」
「ディズニーを敵に回しちゃいかん」

などの声が上がっています。

この記事のみんなの反応はコチラから(K-POPファンが集まるYouTube)

IU コメント
HYBE 加速する大企業化
この記事をシェア
ABOUT US
Rissriss
ご覧いただきありがとうございます! K-POP情報・トレンドを発信してるRISS(リズ)です! このサイトでは、最新のK-POPニュース、トレンド・ゴシップ情報を配信しています。 YouTubeも運営していて、RISSのYouTubeコミュニティでは記事に対するファンの反応を見ることができます! YouTubeチャンネルではファンの反応以外にも、アイドルの切り抜きやエンディング妖精、コミュニティでのランキング投票なども見ることができるので、よければチェックしてみてください。