1.5万人のK-POPファンが集まるRISSのYouTubeはコチラ

IVE『ELEVEN』を不満に思っていたSTARSHIPの社長‥ライアン・チョンPDが裏話を告白

IVEのELEVEN

IVEのデビュー曲『ELEVEN』をプロデュースしたライアン・チョン氏が当時の裏話を公開し、話題となっています。

IVE ELEVEN
(画像出典:Youtube IVEキャプチャー)

9月6日、Youtubeチャンネル『OK POP!! (오케이팝!!)』は『ELEVENがIVEのデビュー曲にならなかったかもしれないエピソード』というタイトルの動画を公開。数々のヒット曲を世に送り出している大物プロデューサー、ライアン・チョン氏が登場し、これまでの楽曲の裏話などを披露しました。

ライアン・チョン氏は、OH MY GIRL『Dun Dun Dance』、IU『Celebrity』、Weeekly『After School』、最近ではIVEの『ELEVEN』をプロデュースしたことで知られています。

彼はインタビューの中で『ELEVEN』の裏話について「(STARSHIPの)キム・シデ社長は(ELEVENについて)よく小言を言っていましたね…笑」「キム・シデ社長、見てますか?笑」と、笑いを交えながらSTARSHIPのキム・シデ社長が『ELEVEN』にあまり満足していかったことを暴露。

続けて「キーがちょっと高くて、どうなるんだろうという心配がありました」「デビュー曲ということで、(周りは)みんな不安だったみたいですね」と説明しました。

さらに「メンバーのデータがなかったのですが、最終的に彼女たちはやり遂げました」「特に”다채로운지”のところは爆発的でした。曲を聴きながら、心が弾みました」と、魅力的なパートについても説明。

また、IVEのメンバーについて「ウォニョンもだいぶ上達しましたね。背が伸びただけでなく、声も良くなっている」「メンバー全員、自分のパートをしっかりやり遂げました。ユジンのパートも素晴らしかったです。グループを支える存在でしたね」と、彼女たちの実力・努力を称賛しました。

昨年12月1日に『ELEVEN』でデビューを飾ったIVEは、先月22日に3rdシングル『After LIKE』をリリース。Youtube上で公開されたMVは早くも8000万近く再生され、彼女たちの人気を証明しています。

この記事のみんなの反応はコチラから(K-POPファンが集まるYouTube)

IVEとTWICE
KCONJAPANのラインナップ発表
チェヨンの新しいタトゥー
ウェンディとイ・ジニョク
この記事をシェア
ABOUT US
Rissriss
ご覧いただきありがとうございます! K-POP情報・トレンドを発信してるRISS(リズ)です! このサイトでは、最新のK-POPニュース、トレンド・ゴシップ情報を配信しています。 YouTubeも運営していて、RISSのYouTubeコミュニティでは記事に対するファンの反応を見ることができます! YouTubeチャンネルではファンの反応以外にも、アイドルの切り抜きやエンディング妖精、コミュニティでのランキング投票なども見ることができるので、よければチェックしてみてください。