1万人のK-POPファンが集まるRISSのYouTubeはコチラ

南米で爆発的人気の2つのK-POPグループ‥MLDが狙う海外進出

MOMOLAND
(画像出典:MOMOLAND公式Twitter)

南米を中心に2つのK-POPグループが人気を博しています。

MOMOLAND
MOMOLAND(画像出典:MOMOLAND公式Twitter)
T1419
T1419(画像出典:T1419公式Instagram)

7月22日、MLDエンターテインメント(以下、MLD)所属のMOMOLAND、T1419の両グループは、南米の代表的な授賞式『Premios Juventud 2022』に参加。

ダディー・ヤンキー(Daddy Yankee)、マルーマ(Maluma)、ナティ・ナターシャ(Natti Natasha)など、数々のラテントップアーティストと肩を並べ注目を集めました。

『Premios Juventud』は、南米のアーティスト、俳優、スポーツ選手などの大衆文化芸術人を対象に開催される大規模授賞式。アメリカ、プエルトリコ、コロンビア、ペルー、ベネズエラ、ドミニカ共和国など、6ヶ国にて放送されました。

本授賞式に参加したMOMOLANDは、今年1月に南米のスター歌手ナティナターシャとのコラボ曲『Yummy Yummy Love』をリリースし、南米最大の音源チャート”monitorLATINO”で全体1位を獲得。

今回の授賞式では”Premio Juventud for Girl Power”部門にノミネートされ、K-POPグループ初となる快挙を達成しています。

一方T1419は、今年5月にラテントップアーティストのダディー・ヤンキーの名曲『CAMPEÓN』をカバー。ダディー・ヤンキー本人から「半端じゃない! 彼らが来た!」と称賛のコメントが送られ、世界中のK-POPファンの注目を集めました。

さらに、今月3日には、スペイン語の新曲『When the sun goes down』をリリース。K-POPグループ初となるスペイン語のオリジナル曲を発売し、本格的に南米の音楽市場に進出しています。

MLDから6月20日にデビューしたガールズグループLapillusも着々と知名度を上げています。

同日に公開されたデビュー曲『HIT YA!』は若者を中心に話題を集め、YouTubeに公開されたMVは早くも1000万再生近くを記録。TikTokでも『HIT YA!』のダンスチャレンジ動画が多数拡散され、彼女たちの人気を証明しています。

そんなLapillusには、Kep1erを生んだサバイバルオーディション番組『Girls Planet 999:少女祭典』出身の日本人メンバー野仲紗奈や、2008年11月2日生まれの13歳でガールズグループの最年少デビュー記録を塗り替えたハウンなどが所属。

さらに、フィリピンとアルゼンチンのハーフで、幼少期の頃からモデルや女優を経験し、英語、韓国語、フィリピン語、スペイン語を話すことができるシャンティも在籍。多言語を話すことができる彼女の活躍にも注目が集まっています。

Lapillusのシャンティ
(画像出典:Lapillus公式Twitter)

ネット上ではMLDの南米進出に言及しているユーザーも多く

「MLD本当に南米進出成功」
「MLDはそっちに振り切ったのか❓」
「(MOMOLANDの)公式アカウントのフォロワーがどんどん増えてる」
「MLD普通に南米で儲けたのかラピルスのmvにはありえないくらい予算割いてて草」
「今年に入って南米に売りだしていい感じにいってる」

などの声が上がっています。

様々なK-POPファンが集まるRISSのYouTubeはコチラ(外部リンク)

RMの声がかまいたち濱家氏の声に似ていると話題に
STAYC0720
crush ジョイ レドベル
Apink chobom デビュー
この記事をシェア
ABOUT US
Rissriss
ご覧いただきありがとうございます! K-POP情報・トレンドを発信してるRISS(リズ)です! このサイトでは、最新のK-POPニュース、トレンド・ゴシップ情報を配信しています。 YouTubeも運営していて、RISSのYouTubeコミュニティでは記事に対するファンの反応を見ることができます! YouTubeチャンネルではファンの反応以外にも、アイドルの切り抜きやエンディング妖精、コミュニティでのランキング投票なども見ることができるので、よければチェックしてみてください。