1.5万人のK-POPファンが集まるRISSのYouTubeはコチラ

『2022 MAMA』11月29日、30日に京セラドーム大阪で開催決定‥オンラインで生中継することも発表

MAMA2022
ⓒ CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

韓国エンターテインメントチャンネルMnetを運営する株式会社CJ ENMは、11月29、30日の2日間『2022 MAMA AWARDS』を日本“京セラドーム大阪”で開催することを決定しました。

MAMA2022
ⓒ CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

グローバルK-POPファンが最も注目する年末音楽授賞式『MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)』が今年からは『MAMA AWARDS(ママアワーズ)』にリブランディングし、11月29、30日の2日間、日本をはじめとする全世界で生中継されます。

24日、CJ ENMは「K-POPの影響力がアジアからグローバルに拡大するなど、グローバル音楽市場変化に合わせて『Mnet ASIAN MUSIC AWARDS』を『MAMA AWARDS』にリブランディングする」として「授賞式として差別化されたアイデンティティを確立する一方、『MAMA AWARDS』だけのアイコニックなシーンがあるショーや舞台を見せるだろう。これまでK-POPを全世界に広めてきたMAMAからさらに拡張・進化し、本格的にK-POPの真の価値を全世界に知らせる“世界最大級のK-POP授賞式”になる」と抱負を語りました。

リブランディング後、初めて迎える『2022 MAMA AWARDS』は、日本の“京セラドーム大阪”で11月29日から30日までの2日間に渡って開催されます。

日本は米国に次ぐ世界2位の音楽市場であり、K-POP1位の輸出国。また、“京セラドーム大阪”は、約4万人を収容できる室内スポーツ競技場で、すでに多数のK-POPスターがコンサートを開催したことがあり、国内外のK-POPファンには馴染みのある場所としても知られています。

今回、“京セラドーム大阪”で初の2日連続授賞式を披露することになり、さらに期待を集めています。また、You Tubeをはじめとする主要なグローバルデジタルチャンネルを通じて全世界に生中継、時空間を越えて全世界が楽しめるグローバル授賞式になることが予想されます。

CJ ENM音楽コンテンツ本部長のキム・ヒョンスは「これまで『MAMA』はアジアの境界を越えて新しい可能性を持続的に提案してきた。その過程で数多くのK-POPアーティストのグローバル進出のスタート、そして海外進出におけるベースキャンプのような役割を果たしてきたと自負する」として「今年はK-POPを代表する授賞式として伝統をつないでいく舞台にするだけでなく、『2022 MAMA AWARDS』だけでしか見られない特別なショーを通じて、『MAMA AWARDS』が全世界にK-POPの差別化された価値と経験を提供する世界最大級のK-POP授賞式であることを証明する」と明らかにしました。

MAMAは1999年『Mnet映像音楽大賞』として始まり、大韓民国音楽産業の成長とともに進化を続けてきました。2009年には『MAMA』に変貌し、授賞式の舞台もアジアに拡大してきました。その後13年間差別化された企画力、破格的な舞台、華麗なスケール、グローバルポップスターとのコラボレーションなど、絶え間ない挑戦を通じてK-POPを全世界に知らせる先駆的な役割を果たしてきました。

Mnet:https://mnetjp.com/

この記事のみんなの反応はコチラから(K-POPファンが集まるYouTube)

IVE
この記事をシェア
ABOUT US
Rissriss
ご覧いただきありがとうございます! K-POP情報・トレンドを発信してるRISS(リズ)です! このサイトでは、最新のK-POPニュース、トレンド・ゴシップ情報を配信しています。 YouTubeも運営していて、RISSのYouTubeコミュニティでは記事に対するファンの反応を見ることができます! YouTubeチャンネルではファンの反応以外にも、アイドルの切り抜きやエンディング妖精、コミュニティでのランキング投票なども見ることができるので、よければチェックしてみてください。